< MACセミナークラス 概要>

 ”神経骨格筋アプローチ” + ”アライメントバイオメカニクス

      (ベーシッククラス)              (プレパレーションクラス)

 

   □ ”体幹/下肢/上肢の5つのクラスからなる導入+ベーシッククラス”+”アドバンスクラス”

 □ ”ベーシック”を受講前に”導入クラス”を受講ください。

 □ ”ベーシッククラス”はどのクラスからでも受講可能です。

 □ 4つのクラスを受講して頂き、アドバンスクラスを終了されると”体幹/股関節/肩関節”を含        むシステマティックアプローチ(評価/介入)ができるようになります。

 『各クラス受付AM9:30より30分間、日頃臨床において抱えている介入の悩みをグループになり話合って頂き、クラスにおいて共有できるよう時間を設けておりますので、時間に余裕が受講生の皆様は是非ご参加ください。』


プレパレーションクラス> 

  ポスチュラル(姿勢)アライメントバイオメカニクスの評価方法』

   クラス目的:”非重力下”、”座位”、”立位”において姿勢上での身体バイオメカニクスに対する理解を深める。

   概要:このクラスでは、”仰臥位”、”座位”、”立位”においてのアライメント評価に対する効果的な評価      バイオメカニクスの視点で習得。加えて、骨格アライメントから歩行動作も観察する。                   (このクラスでは、骨格筋については行いません。)                                    クラス終了時において、”姿勢アライメントを評価する際に必要な骨格上での触診”そして、”骨格から診る            正常な姿勢アライメントと正常ではない姿勢アライメント間に起こる問題点を評価”する事が出来る。

   レベル  :プレバレーション(導入)

   クラス内容:1)アライメント評価に必要な骨格に対する触診                                       (主に、肩甲骨/骨盤/胸郭)

         2)正常な姿勢アライメント評価

         3)姿勢アライメントの崩れに対する評価

         4)重心移動評価/歩行動作評価(骨格アライメントによる)

         


<ベーシッククラス>

 □マッスルアクティベーションコンセプト 体幹評価 クラス

               

    クラス目的:体幹部位において、脊柱/骨盤の位置そしてそれに関連する可動域から、体幹に付随する骨格筋                機能/役割に対する理解を深める。                                           より理想的な体幹機能向上を目的とした、マッスルアクティベーションを基にしたリハビリテーション             介入に対する導入知識の習得。

    概要   :このクラスでは、体幹に付随する細かな筋に対するMMT(筋力テスト)の習得と体幹動作分析による              体幹機能不全を評価する方法を習得。                                          クラス終了時において、”マッスルアクティベーション概念に対しての理解”そして、”臨床現場において             マッスルアクティベーション/MMTを使用しての介入方法”に対しての知識/技術への理解を深める事が             出来る。

    レベル  :ベーシック

    クラス内容:1)”マッスルアクティベーション”の基礎知識とその導入

          2)体幹部位に付随する筋に対するMMT技術(骨盤動作は除く)

          3)体幹可動域評価を基にした体幹アライメントの崩れ/機能不全に対しての評価

          4)体幹に付随する個々の筋MMTを使用した、体幹アライメント/機能向上 テクニック


□マッスルアクティベーションコンセプト 股関節評価 クラス

    クラス目的:股関節部位において、骨盤/大腿骨位置そしてそれに関連する可動域から、股関節に付随する骨格筋              機能/役割に対する理解を深める。                                           より理想的な股関節機能向上を目的とした、マッスルアクティベーションを基にしたリハビリテーション            介入に対する導入知識の習得。

    概要   :このクラスでは、股関節に付随する細かな筋に対するMMT(筋力テスト)の習得と股関節動作分析による            体幹機能不全を評価する方法を習得を学ぶ。                                       クラス終了時において、”マッスルアクティベーション概念に対しての理解”そして、”臨床現場において             マッスルアクティベーション/MMTを使用しての介入方法”に対しての知識/技術への理解を深める事が             出来る。

    レベル  :ベーシック

    クラス内容:1)”マッスルアクティベーション”の基礎知識とその導入

          2)股関節部位に付随する筋に対するMMT技術(一部骨盤動作は除く)

          3)大腿骨可動域評価を基にした股関節アライメントの崩れ/機能不全に対しての評価

          4)股関節に付随する個々の筋MMTを使用した、股関節アライメント/機能向上 テクニック


□マッスルアクティベーションコンセプト 肩関節評価 クラス

    クラス目的:肩関節部位において、上腕骨位置そしてそれに関連する可動域から、肩関節に付随する骨格筋                 機能/役割に対する理解を深める。                                           より理想的な肩関節機能向上を目的とした、マッスルアクティベーションを基にしたリハビリテーション            介入に対する導入知識の習得。

    概要   :このクラスでは、肩関節に付随する細かな筋に対するMMT(筋力テスト)の習得と肩関節動作分析による            肩関節機能不全を評価する方法を習得を学ぶ。                                      クラス終了時において、”マッスルアクティベーション概念に対しての理解”そして、”臨床現場において             マッスルアクティベーション/MMTを使用しての介入方法”に対しての知識/技術への理解を深める事が             出来る。

    レベル  :ベーシック

    クラス内容:1)”マッスルアクティベーション”の基礎知識とその導入

          2)肩関節部位に付随する筋に対するMMT技術(肩甲帯動作は除く)

          3)上腕骨可動域評価を基にした股関節アライメントの崩れ/機能不全に対しての評価

          4)肩関節に付随する個々の筋MMTを使用した、肩関節アライメント/機能向上 テクニック


<アドバンスクラス>

 □マッスルアクティベーション スペシャリスト クラス

    クラス目的:各身体部位の関連性(ベーシッククラスを基に)について全身体システム評価として理解を深める。              姿勢アライメント上だけではなく、動作中(ADL/パフォーマンス時 等)においても動作機能分析/              評価が行える。

    概要   :このクラスでは、ベーシッククラスで習得した内容を統合して身体を一つのシステムとして評価/介入             を行えるようにする。ベーシッククラス’内容に加えて、”骨盤動作”、”肩甲帯”評価/介入も行えるように            する。(MMTを含む)                                                 クラス終了時には、身体バイオメカニクスを基に歩行/ADL分析/パフォーマンス分析そして身体機能向上           を目的とした介入が行えるようになる。

    レベル  :アドバンス

    クラス内容:1)”骨盤”、”肩甲帯”に付随する評価/MMT  

          2)ベーシッククラス内容(MMT/評価)復習

          3)姿勢/動作分析/評価/介入 (システマティックな評価/介入)           


    ”セミナー場所”

  サロンプラネット内 ショールーム

 

   住所:東京都台東区台東1−24−1 6F (サロンプラネット内)                            電話:03-6803-2935