事務局東京都港区北青山3-12-7 502 

          Phone  :   03-6874-4211   

          E-mailmac.reha@gmail.com

<評価/介入に対しての基本コンセプト>

 各身体病理に対して、”詳細を明確に評価/介入する事”はリハビリテーション分野において、専門性を深めていくと共に、重要なことです。またこれは理学療法の中で最も重要な要素の一つであり、専門性を高める以前に、病理/症状をシステマティック(全身的に)に評価/分析/介入できる事はより視野が広い専門性知識/技術修得に繋がると共に、現在医療現場が抱えている局所的なリハビリテーションの限界を克服できる重要な要素であると考えています。これに伴い、MACでは、より細かく全身機能評価が行えるセラピスト育成を中心に、”マッスルアクティベーション”を中心とする『基礎評価/介入』そして『より専門性が高い応用評価/介入』ができる臨床知識/技術を提供する目的で臨床中心のセミナーを開催しています。

<セミナー受講で学べる内容>

 1)今までとは異なった介入技術である、”即効性がある筋機能活性化(マッスルアクティベーション)テクニック” 習得

  2)各関節に付随する筋詳細を明確に測定できる”MMT(筋機能テスト)のハンドリングテクニックと詳細” 習得

      3)疾患を客観的にかつ正確に評価が行える、”関節動作機能を使用した筋評価法” 習得

      4)局部的な評価/介入ではない、”システマチックアプローチ(全身機能評価)からの臨床評価/介入テクニック” 習得

<活動内容>

 1)セラピスト向けセミナー開催                 

  − MAC代表が海外で学んだ理学療法知識/技術を基にした臨床技術提供を目的としたセミナー開催

 2)新しいリハビリテーション知識/技術を基にしたコミュニティー形成                            

  − 従来とは異なった視点からのリハビリテーション介入を基にしたコミュニティー形成

 3)海外でのリハビリテーションとのパイプ形成とその普及                                  

  − 常にいち早い海外リハビリテーション事情提供とそのパイプ形成

 

 


MACセミナー シリーズ

マックロゴ 背景色付き.jpg

 

 

Muscle Activation Concept(MAC)が主催するセミナーは、    『バイオメカニクス+体幹+上肢』『バイオメカニクス+体幹+下肢』の大きく分けて2つの内容から構成されています  

短時間(約3時間)セミナーとなっておりどちらも受講して頂くと、より細かく、正確に主要関節部位評価/リハビリテーション介入が行えるように内容が組み込まれています。

『以下のような悩みを持ったセラピストの方に最適です。』

□骨格筋作用について、知識が曖昧

□動作になると各筋作用が分からなくなる

□解剖学が頭に入っているが、治療に結びつかない

□関節可動域制限に対して、新しいアプローチがわからない

□問診/観察の中で十分に評価が行えない

□筋緊張に対してストレッチ/マッサージ等で緩めるという考えしか思い浮かばない

□骨格筋評価に対して苦手意識を感じている

□マッスルアクティベーションという治療に興味がある   等